よくうごくブログ
   実は3代目のブログです。暇つぶしというわけでもなく特にこれといった意思も無く、とりあえずイタいかなという感じのブログにしたいと思っています。リアルではよくうごきます。
  >> ホーム
  >> RSS1.0

私は。

よくうごく

Author:よくうごく
性別:男
年齢:しめて内密。
生産地:日本。近畿。
生育地:日本。近畿。
趣味:映像媒体から安らぎを感じるような趣味。アーケードに出没するような趣味。
育成条件:麦茶よりほうじ茶。
       甘いより辛い。

メールアドレスは
kousukeh1☆yahoo.co.jp です
☆→@に変更です。

リンク

このブログをリンクに追加する

NEW 記事

月別-記事の猛襲-

NEW コメント

NEW トラックバック

分類別系統表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 No.5  「結局何も得られない」
挨拶>絶望した!!世間に絶望した!!

挨拶からダメ人間。っつかパクリじゃねぇ?
今日はそんな気分なのです。

でも日記に関しては昨日の様な激しいテンションを維持する必要があったりして、
それ故、ネット上に新たな人格を構築する必要があったりするんですよ。
こういうのが性格の二面性を発現しているのでしょうか?
でも、負けれません。何かそんな気がします。

では、注文を聞こうk
そろそろ始めましょう。いっつしょーたいむ。

速報っぽいですが、「舞-乙HiME」のゲームが出るそうですね。
PS2でオトメが舞う!! 『舞-乙HiME 乙女舞闘史!!(マイオトメ オトメブトウシ)』
アニメはしっかり見ていたんで楽しみだったりします。
ジャンルは3D格闘アクションらしいです。
どうやら、画像を見る限り、1対1の格ゲーのようです。
シンプルと言えばシンプルですが、何か物足りないかも。
個人的には1対複数とか複数対複数がスキなんですよ。
でもまぁ、なんつか、こういうのは結構期待してたんでウレシイかも。
サイドストーリー形式でやってくれると更にウレシサ倍増だったり。
ってかwww猫wwwwwちょwwwおまっwwwwwwwwローブ姿キモスwwwwww
猫オトメ
(しかもシズルお姉様殴りwwちょwww)



ラストにネタ。
全部ゼーガペイン19話から持ってきました。
っつかこの19話って、絶対狙ってるだろwwwwwwwww
19話だけで出来るとかwwwおまっwwww

>>「ソゴル・キョウ・・・お前もか・・・!」
メイド服♪1



メイド服♪2






・・・






もっ・・・・


















「萌エェェェェェェエェェェェ!!!」

萌エエエエエ









萌え萌えルーシェン








次回に続く!!(のか?
スポンサーサイト
アニメ、漫画 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:3
(2006/08/30(水) 18:35)

 No.4 「やーねーマセてる子ってー」
挨拶>つぁー。よくうごくです。

段々と簡略化する挨拶です。こんなものは社交辞令ですから(ぇ
今日はゼーガペイン20話まで追いつきましたので、18~20話の中で特に面白かった19話について色々と。

19話の核といえば、真っ灰色のシズノ先輩のセリフが見ものではあるんですが、もう一つの核で、「それ」は起こりました。
舞浜サーバーにアンチゼーガが攻めてくるわけですが、そこでの戦闘シーンがオドロキでしたね。いや、キョウが舞浜サーバー内で「とりあえずメインヒロイン」であるリョーコタソにキスしようとした事をアルティールの中で問いただされて顔を赤くするキョウもそれなりにワロタっつかカワイかったんですが。

いやいや、そんなの比ではありません。
というか、よくこんなの夕方のアニメで放送できましたと思うよ。
Bパートも終わりの方のアンチゼーガとアルティールのバトルシーン。
作戦としては、「アンチゼーガを舞浜サーバーと接触させる事により、あらかじめ仕込んでおいたプログラムが作動し、アンチゼーガの情報を丸裸にする」という作戦ですが、それと同時に舞浜サーバー内のデータも消滅するというものでした。
もちろん熱血少年、短気な主人公ことキョウ君がそんなの許すわけがありません。
「カミナギも、舞浜も、俺が守る!」って言ってますしね。
そこでリョーコタソのこのセリフ。

「キョウちゃん、できるよ」
「アルティールの拳に大型量子コンピュータの送受信ユニットを転用すれば、サーバーに触れさせずに・・・キョウちゃんの拳で!」

そういや忘れてましたが、リョーコタソって天然萌えキャラって位置付けだけじゃなくて、
ものすごいウィザードでしたね(忘れるほど使われない設定
リョーコタソなめんな
(実はハイレベルなリョーコタソ)

拳キター!!とか一人で叫んでたんですが、それだけで終りませんでした。
光る拳
(もちろん拳は発光ギミックww)

当たれええぇえぇぇえぇぇ!!
キョウ「当たれえぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

そして、ついに敵を捕らえたその時・・・!!
スパーク









リョーコタソ「もっと!もっと深く!
もっと!もっと深く!








えwwwwwwちょwwwwwww
どうなってんだwwwwwwwww




画像をもう一度確認しよう。






もっと!もっと深く!







・・・いやいやいやコレはないコレはない多分幻想だ。
リョーコタソが「もっと!もっと深く!」なんて誤解を生む発言をして更に頬を染めてるなんて



嘘だああああああ!!




いや、分からないでもないんだよ。
接触面は広いほうがいいってのはもちろんだろうし、リョーコタソももちろん勢いで言っちゃって「あっ、言っちゃった」みたいな感じなんでしょうけど。

しかし、何度確認しても頬はしっかり染まってました。
よくこんなの放送できたな・・・しかもテレ東ですよ。
これじゃタイトルは「ラスト・サパー」じゃなくて「ラスト・バー○ン」じゃないですか。いえ、リョーコタソがバー○ンだったかは知りませんよ?ww

というわけで色々と物議をかもし出しているかもしれない19話。
20話もシマ指令の腕がリアル発光したりして見ものですがこのシーンにはかないません。
まだまだ期待できそうなゼーガペイン。おおっぴらにキョウ狙いのシズノ先輩がどう打って出るのかに期待大です!(やっぱ萌え要素がつy



【おまけ】
真っ灰色なシズノ先輩(19話より)
真っ灰色なシズノ先輩


テーマ:ゼーガペイン - ジャンル:アニメ・コミック

アニメ、漫画 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:3
(2006/08/29(火) 13:40)

 No.3 「回るより慣れろ」
挨拶>こんつあ。よくうごくです。

今日はとりあえず機動戦士ガンダムSeed Destiny 連合 vs. Z.A.F.T. II の新機体「ストライクノワール」について色々語ってみたいな。とか。

ストライクノワール

僕が思うこの機体の見所って「見た目」だと思うんですよ。
メイン、特射、特格しかり。全体的なビジュアルしかり。
諸手の二丁拳銃が全てを物語っていると思いますね。ええ。
極端に言うと「二丁拳銃のロマン志向」ですよ。

まぁ、それは戦闘という面では置いておいて、
とりあえずいろんな場所で議論になっている「特射GH」、その中でも特に「横特射GH」がある為に「厨機体」ではないか?という事に関して自分なりに意見(ブリッツ乗りが何を言う

まず、特射の良い点
1.回避行動を行いながら攻撃が出来る(新しいタイプの射撃)
2.8発も打つのでまずボリュームがスゴイ。
3.カラミティのメインとは違いかなり誘導するのでGHが有効。
4.横特射は着地ずらしに使える。着地取りしてきた相手に逆に反撃(ただし、慣れると普通に特射のスキを取られる)
悪い点
1.ブースト消費が半端ない。満タンなら3分の1を持っていく。
2.近距離での格闘に対しては、少しでもタイミングを見誤ると逆に一方的に殴られる。
3.こればっか使ってると弾切れが激しい。

といったように、実は悪い点も多いが、それを上回るGHの誘導性、回避能力の高さからいわゆる「厨機体」と言う人もいるんですね。

しかし、実のところ、一度対処法を知ってしまうとうまく当たらなくなってきます。その対策の一つが「歩き」です。
実は特射に対して真横に歩くとGHしても当たらないんですね。
その為、絶対的な対策といえば「歩いて近づく」。
ヘタに距離をとると逆にノワールの間合いになりますので。(カラミティやLストでは腕によると中距離でも勝てるらしいですけど。Lスト今回強いですし。)

絶対的な対策が「歩き」というわけですが、要するに
1.不用意なスキを出さない
2.近距離のほうが有利。ノワールは格闘もそれなりに良いが、読み合いになるとBR機体のほうが有利。
となると、極端に言えば射撃機体に羽が生えた機体と考えてもいいでしょう。
定石の2on2時での片追いも有効的です。

もちろん全体的に強機体ではありますけど、ドラグーンの様に一度対処出来るようになると別に厨機体とは思えなくなってくると思います。
あとは腕勝負です。頑張ればザウートでも勝てるかも?(ぇ
個人的にはコレを使うときには僕は特格からメイン派生を狙う近距離ダイスキなノワールになります。それなりに変態ですね。相方が泣きそうです。

あと小ネタですがノワール使う方には「ぽっちゃり系」の方が多いとか。
在りし日の敏捷性を懐かしんでるんだそうです。(あくまで傾向です。
【以上「ノワールスレ」を参考にしました】
ノワールスレ:【特射の強さは】ストライクノワール2【世界一ィィィィ】



あとアニメの話なんですが、Black Lagoonの2期が決定したそうです。
TVアニメ『BLACK LAGOON The Second Barrage』今秋放映開始予定!!

二丁拳銃やほーい。
実は保存ディスクのタイトルに「Black Ragoon」って書いたってのは放置の方向で。

テーマ:連合vsZAFT II - ジャンル:ゲーム

ゲーム(アーケード) | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:3
(2006/08/28(月) 14:26)

 No.2 「よくある日常。良くない日常。」
挨拶>二回目です。よろしくお願いします。

はい。これが本当の1回目の更新と言っても過言じゃない!
そんな・・・日曜日でしたか。夏休みは曜日感覚が変態です。
最近は世間では冥王星がひどい扱いを受け(正当なんですけど)、ストライクノワールが厨機体だと罵られ(僕はそうは思ってません)、課題に追われる僕は自分自身に見下げられております(自業自得)。
さて、ようやくマトモな更新なんですが、何を書きましょうか。
とりあえず「アニヲタブログ」とか誇大に先制してますんで、アニメネタでしょうか。イキナリ旬だからってノワールネタに走っても示しが付きませんね。明日置いておく事にします(ぇ

とりあえず今期でダイスキダイスキなのは

これ。アンチゼーガ

ですかね。ゼーガペイン。とりあえず。
なんで画像がアンチゼーガなのかとか、もうちょっと普通の画像無いのか、とか言わないでくださいな。アンチゼーガ、見た目はいいんだから。(中の人はちょっとキモめですが
僕的には兵装はアルティール、見た目はアンチゼーガなんすよ。
コレは、最初の5.6話までは全然意味ワカンナくて、むしろシムーン並のイミフアニメかと思ったんですが(僕がバカなだけかもしれませんが)、その後から、謎の究明と言いましょうか、新事実の発覚といいましょうか、そういった要素のカオスに引き込まれていったんですね。
最初の内は機体も「かっこわるぃ」とか思ってたんですが、回を重ねるごとにそれも「カッコヨス」に見えてきたんです。
そもそも最近は萌えより燃えな僕ですから、ロボアニメに魅かれるのも仕方ないといえば仕方ないのかも。
最新話見てればもうちょっと喋れるんですが、ちょっと事情があって遅れそうです。種デスを圧縮せねば。容量ヤバイ。

これからも楽しみなゼーガペインです。シズノ先輩がツンデレ臭いのも気になりますしね(結局萌え傾向
いや、ホント。楽しみです。


とゆーわけでこんな感じでしょうか。面白い情報とかあれば、そっちを優先して、普段はこんな感じのダルダルで行きたいと思っています(紹介だけじゃないですが)。
つか記念すべき一枚目の画像がアンチゼーガってどうよ?
次くらいでガスパー砲に叩き落されそうなブログになりそうです。

次回、「よくうごくブログ」第六話!
違う!「よくうごくブログ」第三話!
「ノワールは厨機体?」 
よくうごく機体はダイスキだっ!(ハルヒっぽい締め方?)
アニメ、漫画 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:3
(2006/08/27(日) 12:21)

 No.1 「一番初めって何書くか迷うよね?」
挨拶>初めまして、「よくうごく」です。

どうも初めまして(二回目)
「よくうごく」と言う者です。
とりあえず始めの記事には自己紹介らしき雑談でも入れようかというブログ形式を、自分の中で、流石に3回目ともなれば確立しておりまして、とりあえずの所、特に面白くも無いだろう私の自己満足の範囲での記事を書かせていただきます。

えーそうですねー。
まず先に言ったとおり、実はこのブログ「三回目」なんですよ。
以前に書いていた方は諸所の事情がありまして、更新をストップさたんですよねー。いや、別に悪事に手を染めたわけではないんですよ。ホント。
今回からはそれらの反省(?)を生かしつつ、やっていくという形で、ある程度ユルユルな感じの更新をして行きたいと思っております。

主な記事内容はアニメ、漫画等の自分ながらの楽しみながらの考察及び感想やネタ的記事、また、一部日常のネタなどを取り入れた猥雑なアニヲタブログっぽく展開して行きたいと思います。あ、あとゲームとかもやりましょうか。いえ、やらせて頂きます。情報系ではないので速報とかにはあまり迅速には対応できないかもしれませんが、どうぞ生暖かい視線で見守ってやって下さい。今のところ、今期アニメではゼーガペイン、漫画はJiNGが好きですね。ゲームはアーケードでSEED2やっとります。

以上でおおまかな記事内容に関しての説明は糸冬了ですね。
文体としては口語体で、一応丁寧語ですが、感情が爆発するとそういったものは無視して叫び始めます。よろしくお願いします。




事務的記事 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:3
(2006/08/26(土) 12:41)

copyright © 2005 よくうごくブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。